So-net無料ブログ作成

増悪と憎悪 [雑感小文]

憎悪と増悪

ある雑誌にある病気の記事を書いたら、文中の「症状が増悪する」の増悪に〈ぞうお〉と振り仮名がしてある。

なぜ? とメールしたら、

「難解な熟語なのでルビをふりました。いけなかったですか?」ときたから、偏屈で意地がわるいライターはカッとなった。

「ルビがいけないのではありません。増悪は正しくは〈ぞうあく〉です。

悪が〈お〉だったら、最悪は〈さいお〉ですか?

多分、憎悪〈ぞうお〉という言葉をご存じだったので、増悪も〈ぞうお〉と読んだのでしょうが、そういうのを一知半解っていうんじゃないのかなあ。

おれも浅薄な知識しか持ち合わせてないけど、増悪の〈あく〉は漢音で、憎悪の〈お〉は呉音です。

呉音は仏教関連の語に多く用いられ、例えば〈礼拝〉は、キリスト教などでは漢音の〈れいはい〉ですが、仏教では呉音で〈らいはい〉と読みます。

〈開眼〉が、医学用語では〈かいがん〉で、仏教語では〈かいげん〉であるのも同じです。

なお、増悪の意味は、ぜひ広辞苑などでお確かめください」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。